2017年9月9日土曜日

タニタデ 2017野の花百景

ミズタマソウに似た花が、川沿いの県道に咲いていた。
茎は赤みを帯び、高さも2030㎝程と小さい。
ミヤマタニタデと言う種もあるようだが、
こちらは、520㎝となお小さいようだ。
花の形が独特で、面白い。
次に出会ったときはもっとアップに撮り、
特徴の出た美しさを写したいと思った。

撮影 2017.08.20 長野県




妻の撮影   フシグロセンノウに止まった蝶が写っている

妻の撮影


0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...