画像をクリックすると拡大表示します。

2020年6月30日火曜日

クモキリソウ(Kumokiriso)

苔むした岩肌に咲くクモキリソウです。
今年出会った3か所はすべて岩の上で咲く花たちです。






妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。












2020年6月29日月曜日

サンリンソウ(Sanrinso)

中部地方以北と北海道の山地や亜高山に咲き、
群生していることが多いそうです。
ニリンソウとよく似ていますが、葉に柄が有ることで区別できます。
又、ニリンソウには葉に白い斑点が有りますが、サンリンソウにはありません。

標高1500メートルほどの県道沿いに小群落をつくって咲いていました。
ニリンソウほど多く有りませんし、私の知っている2か所目の自生地です。






妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。











2020年6月28日日曜日

ヒトツボクロ(Hitotsubokuro)

高さ25㎝程あり、花は小さく少しの風でも揺れてしまう。
撮り難い花の代表格です。
しかし、今年は運よく風のない日に当たり、
ゆっくりとカメラを構える事が出来ました。







妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。







2020年6月27日土曜日

イチヨウラン(Ichiyoran)


ランの仲間は、顔に特徴がある花が多いが、
このイチヨウランも一目見て、すぐにわかる良い顔をしています。
今年も多くのイチヨウランに出会いました。 





妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


私のもう一つのブログ
「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます








2020年6月26日金曜日

イチヤクソウ(Ichiyakuso)

林の中で元気に咲くイチヤクソウです。
ただ、心配なことが有ります。
林の木も年々大きくなっています。
イチヤクソウにとっていい環境が有り、気が大きくなり、
日陰になってくると日の当たる方へと移動しているのがわかります。
移動できる前に日陰が多くなってくると、
そこに咲いていたイチヤクソウは絶えてしまいます。
10年以上ここで観察していますが、
この群生地は今、ちょうどイチヤクソウにとって住みやすい環境であるようです。
この状態がいつまで続くのか心配しながら見守っています。






妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。