画像をクリックすると拡大表示します。

2021年4月17日土曜日

ヒナスミレ(Hinaaumire)

 凛とした姿はスミレのプリンセスと呼ばれています。






妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。










ミヤマキケマン(Miyamakikeman)

 これからよく見かけると思いますが、初撮りでした。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影




「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます















2021年4月16日金曜日

シロバナタチツボスミレ(Shirobanatachitsubosumire)

 初見の花

やっと巡り合えました。旬は過ぎていましたがワクワクしながら撮影しました。

よく似たオトメスミレは、距が淡紫色をしているが、

シロバナタチツボスミレは白色です。

別の場所で撮ったオトメスミレも載せておきます。

妻の撮影       シロバナタチツボスミレ

妻の撮影      シロバナタチツボスミレ

シロバナタチツボスミレ

シロバナタチツボスミレ

妻の撮影      オトメスミレ

妻の撮影       オトメスミレ

オトメスミレ

オトメスミレ


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。









2021年4月15日木曜日

ニワトコ(Niwatoko)

 初見の花

別名 セッコツ木(接骨木)

花や葉を乾燥して、解熱、利尿など、民間薬として利用されるようです。

また、枝や幹を煎じて骨折などの幹部に充てて湿布するそうです。

地域ごとの変異が多いようです。




妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。






2021年4月14日水曜日

コガネネコノメソウ(Koganenekonomeso)

 水の滴る岩場と大きな群落を作っていた林道沿いです。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影







「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。




ユリワサビ(Yuriwasabi)

 湿り気の多い所で見ていますが。

今回は、キバナハナネコノメ、カガネネコノメソウとのツーショットです。



妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。



フッキソウ(Fukkiso)

 山奥でしか見られないフッキソウが低山の麓で撮影出来ました。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。