画像をクリックすると拡大表示します。

2019年10月21日月曜日

ススキ(Susuki)

ススキの草原です。
殆どカメラに収めたことが無いススキですが、
今回は、そんなススキにも応戦してみようと何度もシャッターを切りました。




ピントを少し後ろにして前ボケのススキが風に揺れている雰囲気を出してみました。


2019年10月20日日曜日

シオン(Shion)


絶滅危惧Ⅱ類(VU)  
初見の花です。
キク科の美しい花です。
九州に多い花のようです。和歌山県に咲くとはと、一同驚きながら撮影しました。
すすきの草原の一角に小群落を作り、今はさかりときれいな花を咲かせていました。
園芸品種の移出の可能性もありますが、自生のシオンと思ってアップします。









2019年10月19日土曜日

アキノタムラソウ(Akinotamuraso)

あまりカメラを向けない花ですが、
じっくり眺めているうちにきれいな花と気付きました。

その他の気になる花をまとめました




ツルニンジン


イヌタデとノコンギク


ノササゲ

シロバナホトトギス(植栽)

イヌホオズキ



2019年10月18日金曜日

ガンクビソウ(Gankubiso)


最近は望遠系のレンズで撮ることが多くなりました。
腕はよくありませんが、探究心はあるつもりです。
カメラはマイクロフォーサズで、45㎜マクロレンズ、1235㎜標準ズームレンズを使用しておりましたが、50200㎜の望遠レンズを多用しています。
35㎜換算で倍になります。ほとんど手持ち撮影です。)
このレンズにしてから今まで見えていなかった世界が見えるようになりました。
一つの被写体を、レンズを変えて撮ってみる事の面白さを実感している今日この頃です。





2019年10月17日木曜日

ヌマダイコン(Numadaikon)

湿地や水辺に生えると図鑑に載っているが、
これは、薄暗い湿った滝のそばで撮影しました。
オカダイコンも有ると言うが、地元の愛好家の人たちはヌマダイコンと呼んでいた。
取りあえずヌマダイコンとしておきます。

2019.10.10 和歌山県





2019年10月16日水曜日

サクラタデ(Sakuratade)

タデ科の仲間ではひときわ大きな花を咲かせます。
淡紅色がサクラを思わせ、可愛らしさもいいですね。
田圃の畔でよく見かけますが、草刈りに遭うのかあまり見かけなくなりました。






妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

2019年10月15日火曜日

イボクサ(Ibokusa)

田圃の縁や、湿地に生えるツユクサと同じ科の1年草です。
1日花で、昼頃までが撮影タイムです。
1センチ足らずの小さな花ですがピンク色の可愛らしい花に癒されます。

岐阜県



妻の撮影

妻の撮影

2019年10月14日月曜日

ハダカホオズキ(Hadakahozuki)

去年見つけた同じ場所で、今年も撮影です。
株数はありましたが、実になった株がほとんどでした。

2019.09.28 静岡県
妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


2019年10月13日日曜日

ヒキオコシ(Hikiokoshi)

高さ1メートルにもなるが、花は小さく、色は淡紫色で目立たない。
が、アップで撮って見るとその繊細な花の形に驚かされる。
そんな撮り方に挑戦してみた。

2019.10.02 愛知県