2022年5月31日火曜日

ヤマシャクヤク(Yamashakuyaku)

 準絶滅危惧(NT)

日本固有種

久しぶりの出会いでした。

散り始めていた株も多くありましたが

この集団だけがいい感じで咲いていました。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影





2022.05.25

ルイヨウボタン(Ruiyobotan)

 久しぶりの出会いでした。

葉がボタンに似ているからついた名前のようです。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影



2022.05.07



オオタチツボスミレ(Otachitsubosumire)

 撮り逃がしていたこの花も、

標高1200mまで上げればまだまだ咲いている所があるものです。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影



2022.05.22

エゾノタチツボスミレ(Ezonotachitsubosumire)

 高さ40㎝程になる大型のスミレです。

他の草に寄り添いながら咲いていました。 

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影



2022.05.22



2022年5月30日月曜日

クリンソウ(Kurinso)

 日本固有種

山地の水辺に咲きます。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影




2022.05.19

2022年5月28日土曜日

オククルマムグラ(Okukurumamugura)

 まったく同じ花でも茎に毛があるかどうかで、

名前が違うクルマムグラと、オククルマムグラがあります。

今回撮影した花には毛がありました。

オククルマムグラでいいと思います。

妻の撮影 

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影






ミヤマスミレ(Miyamasumire)

 標高の高いところで見られるスミレのようです。

御岳山麓の1200m付近で撮影しました。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影




2021.05.03 標高1200

2021.05.21 標高1500


ザゼンソウ(Zazenso)

国内でも、特に早く咲くザゼンソウの自生地です。 遊歩道沿いに沢山咲いていますが、なぜかどの個体も遊歩道沿いに顔を向けてくれません。 こちらに顔を向けているザゼンソウを探しながら歩き回ります。 どうしても、望遠レンズで遠くの個体を狙う回数も増える現場でした。 濃褐色のザゼンソウは地...