画像をクリックすると拡大表示します。

2019年9月19日木曜日

9月の気になる花達

ヒメジソ(Himejiso)ここ数年見ていない花です。


キツネノマゴ(Kitsunenomago

カラスノゴマ(Karasunogoma

妻の撮影

ナンバンギゼル(Nanbangizeru


妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影



フジカンゾウ(Fujikanzo)

ヌスビトハギを大きくした姿です。
暑かった今年の夏も終わろうとしています。
この花は、そんな季節の変わり目に、
山道を車で走っているとよく見かけます。

2019.09.04 愛知県
妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影



2019年9月15日日曜日

ミツバベンケイソウ(Mitubabenkeiso)

淡黄緑色の花は目立たない。
その気になって探さないと見つからないが、
ひとつ目に付くと近くには、多くの株があることが多い。
大きな株が、岩肌を覆いつくす苔の中から顔を出していた。

2019.09.01 伊吹山




2019年9月13日金曜日

ノブキ(Nobuki)

1㎝にも満たない小さな頭花そこに集まる一つ一つの花は、ミリ単位です。
拡大して見てみると幾何学模様の美しさをしています。
咲き始めの旬がいいのだが、なかなか巡り合えない。
今回も挑戦してみました。
うまく撮れませんでしたが、一端は見てもらえそうです。

2019.08.31 福井県

妻の撮影

ヌスビトハギ(Nusubitohagi


ゲンノショウコ(Gennosyoko

妻の撮影   ヤブラン(Yaburan

2019年9月10日火曜日

ヒメフウロ(Himehuro)

石灰岩地を好む花で、伊吹山、霊仙山、養老山地、四国剣山のみに分布する。
花は、直径1.5㎝程と他のフウロ属に比べて小さい。

2019.09.01 伊吹山



妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


自費出版の本の名前が決まりました。
長い名前ですが、

『世界中で日本にしか咲かない野の花 山の花』
日記形式の写真集 日本の固有植物366種

とタイトルを決めました。
ここ数日はデザインと、写真の色校正で大忙しの毎日です。
ブログのアップも忘れてしまいそうです。

2019年9月8日日曜日

カラスノゴマ (Karasunogoma)

分布は本州、四国、九州と広範囲です。
その割には、あまり見かけることの少ない花でも有ります。
条件さえ揃えば大きな群落をつくる花です。
黄色の花が可愛らしく、突き出た雄しべが印象的です。

2019.09.04 岐阜県





妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

2019年9月7日土曜日

ヒナノキンチャク(Hinanokinchaku)

絶滅危惧ⅠB類(EN)
久しぶりの訪問です。
何時もながら小さな花に驚くばかりです。
この小さな花をカメラに収め、見てみると、
色鮮やかな不思議な世界が広がります。
野草好きな仲間内でも人気の花の一つです。







妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影