2014年6月12日木曜日

キソキバナアキギリ 2014野の花百景

日本固有種
キソキバナアキギリが咲きだした。
例年より早く咲き出した。
初夏に咲くことからキバナアキギリの新種として登録された。
キバナアキギリとの違いが判らなかったが、
去年、初めてキバナアキギリに出会い、艶やかさに魅かれた。
キソキバナアキギリはどちらかというと控えめな美しさだ。
その違いはどこから来るのだろうと2枚の写真を見比べてみて、
図鑑には載っていない大きな違いが分かった。
キバナアキギリは、退化した雄しべの葯の色が、濃い紫色をしている。
キソキバナアキギリは淡黄色で目立たない。
この違いが艶やかさと、控えめに見える違いとなっているように思う。
2013.09.02のブログに違いの写真を掲載しています。


2014.06.05 岐阜県

2014.06.08 岐阜県

2014.06.08 岐阜県

2014.06.08 岐阜県

2014.06.11 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...