2014年7月20日日曜日

グンバイヅル 2014野の花百景

絶滅危惧Ⅱ類(VU
直径8㎜前後の小さな花を、横に伸びた茎に連なって咲く。
池の平湿原へ妻と訪れたのはもう1415年ほどになる。
あの頃は自分自身、まだ野の花に興味があるというより、
妻の好きな野の花を訪ねる旅の運転手ぐらいの役割しかなかった。
妻の後を追い、何気なくそこに咲く野の花の美しさ、
また、こんなに多くの自分の知らない花の多さに驚き、
感動をしたり、自然の偉大さに触れたりしているうちに、
野の花にもっと会いたい、もっと知りたい、
そんな日々の繰り返しがたまらなく充実した毎日に変わっていった。
今年はうれしいことに、
妻のリュウマチも落ち着いてきたのか、伴に出歩くことが多くなった。
この池の平湿原でも、出会った花々を観察し、

心の豊かさがまた膨らんだような気がした。 

2014.07.06 池の平湿原

2014.07.06 池の平湿原

2014.07.06 池の平湿原

妻の撮影      2014.07.06 池の平湿原

妻の撮影      2014.07.06 池の平湿原

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...