2017年6月2日金曜日

四国の花旅 イチリンソウ 2017野の花百景

日本固有種
ここ皿ヶ嶺で見るイチリンソウは、
伊吹山山麓でいつも観察している30㎝はあるイチリンソウに比べ、
15㎝程度と小さい。
花弁に見える萼片は、裏側が紫色をしているものがほとんどだった。
ウラベニイチリンソウと言って親しまれている。
光の加減で透けて、紫色をしたイチリンソウが多数撮れた。

撮影 2017.05.10 愛媛県





終盤を迎えていたヤマウツボ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...