2015年8月17日月曜日

エゾカワラナデシコ 2015野の花百景

カワラナデシコの山地型のもの。
よく言われている違いは、苞がカワラナデシコの34対に対し、
エゾカワラナデシコは2対。
それに、花弁の基部にまばらに紅い毛が生える。
拡大した写真にその違いが写されている。
しとやかなピンク色としなやかに揺れる姿は大和撫子そのものだ。

2015.07.29 長野県

2015.07.29 長野県

2015.07.29 長野県

2015.08.01 長野県

2015.08.01 長野県

妻の撮影     2015.08.01 長野県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...