2015年3月14日土曜日

コセリバオウレン 春の雪の情景 2015野の花百景

訪れた日も朝から小雪が舞っていた。
目的地に近づくにつれて雪もやんできた。
日差しは春を感じるが、雪の景色を見ていると身震いをしてしまう。
現地は10㎝ほどの積雪で、雪解けも早いようだ。
目的の花、コセリバオウレンも力強く雪をかき分け、背伸びの最中だ。
撮影しているときは、そんなことも気づかずカメラを向けていたが、
画面を見ながら、一つ一つチェックしていると、
コセリバオウレンの息吹を感じる素晴らしい景色に気が付いた。
そこには、生命の躍動が私たちの胸を熱くするドラマがあった。
撮影するのに気を取られるのではなく、
もっとその情景を現場で見届ける余裕を持たなければと思った1日でした。

頭を持ち上げた跡が1直線についている
2015.03.12 岐阜県

後ろの仲間よ、もう少しだ! がんばれ!
2015.03.12 岐阜県

雪のマントが重たいよ。
2015.03.12 岐阜県
ここは早く溶けたよ
2015.03.12 岐阜県

僕だけかなぁ 頭を出しているのは
妻の撮影     2015.03.12 岐阜県

こっちも頑張って顔を出したよ
妻の撮影     2015.03.12 岐阜県

重い雪もなんのその
妻の撮影     2015.03.12 岐阜県

氷のしずくが重たいよ。
妻の撮影    2015.03.12 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

ヤマジノギク(Yamajinogiku)

 山地の日当たりのよい草地に生える 2 年草。 この花は、海辺に近い岩場で見ました。 ソナレノギクの母種に当たります。 ヤマジノギクは茎や葉に毛がありますが、 ソナレノギクにはないそうです。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影