2015年12月10日木曜日

ハマヒサカキ 2015野の花百景

初見の花
キイシオギクを毎年撮るために訪れる岬で、
初めて目にしたハマヒサカキです。
この花は、葉の裏側に花をつける為、
いつも目にしていたはずなのに、見落としていた。
11月~12月に花をつける、今が旬の花です。
5㎜ほどと小さな花は目立たない。
果実は黒色で、熟すのは花と同じく11月頃。
去年の花が今、実をつけていることになる。
花と実を同時に見ることが出来る


2015.11.28 三重県

2015.11.28 三重県

2015.11.28 三重県

ハマアザミも健在でした。    2015.11.28 三重県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...