画像をクリックすると拡大表示します。

2015年12月19日土曜日

エチゼンカンアオイ 2015初見の花7

日本固有種
今年の花探索は、終わりのつもりでいた。
2015初見の花を整理している中で、
気になる花が出てきた。
エチゼンカンアオイと云う、
石川県~京都府の日本海側に咲く花だ。
撮影はしてみたが、同定が難しく、
この花が、本当にエチゼンカンアオイかどうかは、
自信がなかった。
一つの特徴に、花期が10月から12月に咲くという。
この時期に咲くカンアオイ属を調べてみると、
カンアオイ(カントウカンアオイ)、ヒメカンアオイ、
アツミカンアオイがあることが分かった。
そして、アツミカンアオイの変種に、
サンインカンアオイと、エチゼンカンアオイがあることが分かってきた。
この花がエチゼンカンアオイかどうかの、一つの特徴をつぶすために、
春に見た福井県へ行ってみた。
お寺の参道に咲く場所へ行ってみると、
草刈りに遭った参道はきれいになっていた。
それでも、よく探すと、咲いていました!!
カンアオイは関東地方、ヒメカンアオイは小型、
アツミカンアオイは紀伊半島の太平洋側、
サンインカンアオイと、エチゼンカンアオイは日本海側と自生地が限られている。
この花が、サンインカンアオイか、エチゼンカンアオイのどちらかということになる。
カンアオイ属は研究の途中で、いまだわかっていないことが多い種のようだ。
とりあえず、エチゼンカンアオイとしておこう。

2015.12.16 福井県

2015.12.16 福井県

2015.12.16 福井県

0 件のコメント:

コメントを投稿