2015年1月28日水曜日

初見の花29 2014 アラシグサ

日本固有種
高山帯の草地や林縁に生える多年草。
何度も訪れている立山ですが、今までは目立つ花に気を取られ、
それと花の多さに圧倒されて、気にも留めなかったのかもしれない。
よく観察すればまだまだ沢山の、野の花、山の花に出会えるものだと、
感じたのを覚えています。
このアラシグサもそんな花の一つです。
地味な花ですが、拡大して見てみると、
多数の小さな花の集まりと、繊細な造りをしているのに驚かされます。
5弁の花びらと、5枚の萼片は同じ長さのように見えます。
あたかも、10枚の花びらの花のようです。
光に透けて趣を感じる姿に、心癒されました。

2014.08.01 立山室堂

2014.08.01 立山室堂

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...