2015年1月20日火曜日

初見の花21 2014 ナツノハナワラビ

初夏の林内に生えるシダ植物。
フユノハナワラビとの違いは、
共通柄が長く、栄養葉の付けね近くから胞子葉が分かれていること。
草むらの中でひっそりと咲いていた。

2014.06.12 長野県

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...