2015年1月20日火曜日

初見の花21 2014 ナツノハナワラビ

初夏の林内に生えるシダ植物。
フユノハナワラビとの違いは、
共通柄が長く、栄養葉の付けね近くから胞子葉が分かれていること。
草むらの中でひっそりと咲いていた。

2014.06.12 長野県

0 件のコメント:

コメントを投稿

フクジュソウ(Fukujuso)

 まだまだ早いかな?そんな思いで訪れた。 咲いていました。 冬の日差しはまだ柔らかく、咲き始めたフクジュソウ。 これから見事な風景が見られるでしょう。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影