2015年1月12日月曜日

初見の花13 2014 シコクナベワリ

日本固有種
四国特産の花で、2012年に新種として発表された花。
ナベワリとの違いは、花被片1個が大きいのに対して、
シコクナベワリは同じ大きさである。
遠征は、地元では決して見られない花に出会える楽しみがある。
この花は、妻が目を皿にして探し求めてくれた。

妻の撮影      2014.05.14 愛媛県

2014.05.14 愛媛県

2014.05.14 愛媛県

0 件のコメント:

コメントを投稿

ヤマジノギク(Yamajinogiku)

 山地の日当たりのよい草地に生える 2 年草。 この花は、海辺に近い岩場で見ました。 ソナレノギクの母種に当たります。 ヤマジノギクは茎や葉に毛がありますが、 ソナレノギクにはないそうです。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影