2015年1月2日金曜日

初見の花1 2014 ヒサカキ

去年見た初見の花は65種類になる。
その時の印象を添えて毎日一花アップしていきたいと思っています。
ヒサカキが2014の最初の初見の花になりました。
いつもの雑木林に咲いていた。
この林には、シュンラン、イチヤクソウ、チゴユリ、シハイスミレ等が咲きます。
いつも下を向いて歩いているため、みつからなかったようです。
見上げた時、目の前に咲く小さな花の集まりは、
5㎜ほどの鐘型の花でした。
図鑑によると、雌雄別株で、雌花は花の先が開いている。これは雄花のようです。
とにかく、これほど密集して咲く花は珍しい。

2014.04.05 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...