2020年7月15日水曜日

コケイラン(Kokeiran)

前回アップしてからちょうど1か月目です。
前回アップしたコケイランは、唇弁に紫色の斑点が無いタイプでした。
今回は、違う場所で撮影したコケイランですが、
こちらには斑点がありました。
場所によって相違があるのも面白く、今回、又アップいたします。

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影





「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。






0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...