2020年7月4日土曜日

ウチョウラン(Uchoran)



 絶滅危惧Ⅱ類(VU
御多分に漏れずここでも盗掘が激しい。
手の届くところに咲く花は一つもない。
辛うじて、大きな岸壁にへばり付く様に咲く花が2株だけ、目に付く。
この2株がまき散らす種が、下の林道で芽を出す時が有る。
目の届く位置で花を付ける。この時はうれしくて飛び上がってしまう。
撮影を終えて、人目に付かないよう近くの草や小枝で隠しておく。
そんな事を去年やったことを思い出して、その場所を探してみた。
奇跡が起こったように、同じ株を2年続けて目の前で撮影出来ました。
勿論、感謝を込めてまた同じように隠しておきました。
また来年撮影出来る事を願いながら。 

妻の撮影

妻の撮影


妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影







「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願いいたします。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。








0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...