2016年7月8日金曜日

コバノトンボソウ 2016野の花百景

低山から亜高山帯まで湿地に生える。
後ろへ跳ね上がる距が特徴
大きなものになると、背丈40㎝にもなる。
その割に花も小さく、緑色の花は周りに同化して見え難い。
撮影に苦労するが、きれいにとれると嬉しい。
今回はうれしいほうだった。

2016.06.19 岐阜県


0 件のコメント:

コメントを投稿

ザゼンソウ(Zazenso)

国内でも、特に早く咲くザゼンソウの自生地です。 遊歩道沿いに沢山咲いていますが、なぜかどの個体も遊歩道沿いに顔を向けてくれません。 こちらに顔を向けているザゼンソウを探しながら歩き回ります。 どうしても、望遠レンズで遠くの個体を狙う回数も増える現場でした。 濃褐色のザゼンソウは地...