2013年9月28日土曜日

シモバシラ  2013野の花百景

日本固有種
湿地の近くにひと群落作ってシモバシラが咲いていた。
冬に霜柱を作ることからついた名前。
雄しべ雌しべが花冠から飛び出している。
7㎜ほどの小さな花を一方にかたよって多数つける。

妻の撮影      2013.09.26 岐阜県

花の中に細かい毛が有るのがわかる。
妻の撮影    2013.09.26 岐阜県

2013.09.26 岐阜県

2013.09.26 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...