2013年9月13日金曜日

ナンバンギセル 2013野の花百景

ミョウガに寄生したナンバンギセルです。
ススキの根元に咲くナンバンギセルはよく見かけます。
寄生されたミョウガは花を咲かせないようですが、
ここのミョウガは花を咲かせ実を採った半月後から、
ナンバンギセルが咲き始めます。
ただ、寄生されたミョウガは、早く枯れ始めるように思います。
キセルの形に見える所から付いた名前です。

2013.08.31 岐阜県

2013.08.31 岐阜県

2013.08.31 岐阜県

2013.08.31 岐阜県

妻の撮影    2013.09.07 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...