2020年8月28日金曜日

ヤマホトトギス(Yamahototogisu)

今年はヤマホトトギスの自生地が2つ増えました。
何時もは長野県で観察していましたが、
岐阜県と愛知県でも小規模な群生地に出会いました。
ヤマジノホトトギスに比べて半月ほど早く咲きます。
散房花序を付けて咲く姿は、
一目見てヤマジノホトトギスとは違うことがわかります。
それに加えて、花被片が大きく反り返っています。
咲く雰囲気を感じさせる花々を集めてみました。







妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

コウヤボウキ(Koyaboki)

 日本固有種 日当たりのよい山地に生える小低木。 中部地方ではもう終わっているコウヤボウキ、 さすが、四国ではまだまだ健在で、 いい花を付けていました。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影