2020年8月8日土曜日

オオバノトンボソウ(Obanotonboso)

丘陵地の林内に生える多年草。
ツレサギソウ属の一つです。
最近は花を付ける前に花茎が枯れてしまうものが多く残念です。
気候の変化や、環境の変化が影響しているのでしょうか。
やっと見つけたオオバノトンボソウです。





妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影


「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。 
上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。







0 件のコメント:

コメントを投稿

アシズリノジギク(Ashizurinojigiku)

 日本固有種 ノジギクは海に近い岩場にも咲きますが、 アシズリノジギクは、もっと険しい海の岸壁に咲いていました。 そのためか、ノジギクより小さめの花、葉も小さく、丸まった感じで縁も白い、 ノジギクの変種です。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影