2016年1月29日金曜日

テングノコヅチ 2015初見の花48

日本固有種
準絶滅危惧(NT
亜高山帯の森の中に咲く、ツルリンドウの変種です。
つるを伸ばさず地面を這い、茎の先端に花をつける。
早く訪れる冬の前に結実するために、
夏、真っ盛りに花をつけ、すぐ結実する。
2度訪れているが、9月には、
幸運にも、実と花を同時に付けた株に巡り合った。

2015.08.09 岐阜県

2015.09.06 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...