2018年2月25日日曜日

2017.初見の花 タニタデ

ミズタマソウが咲いている。そう思ったが草丈が小さい。
葉っぱも違う。全体に赤みを帯びている。今まで見たことがない。
そんなことを思い浮かべ、考えながら撮影した。
図鑑で調べ、タニタデと分かった。
花姿が、ミズタマソウとそっくりだ。
この形がユニークで忘れられない花の一つに挙げられる。

撮影 2017.08.20 長野県



0 件のコメント:

コメントを投稿

コウヤボウキ(Koyaboki)

 日本固有種 日当たりのよい山地に生える小低木。 中部地方ではもう終わっているコウヤボウキ、 さすが、四国ではまだまだ健在で、 いい花を付けていました。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影