2018年2月27日火曜日

2017.初見の花 67 サルトリイバラ

秋に目に付くサルトリイバラの赤い実。
これはいつも見ているが、
春に咲くサルトリイバラの花は、今回初めて見た。
亀の甲に似た枝に若葉と目立たない花を付けていた。
花は雌雄別株で、今回見た株は雄花のようです。

2017.05.09 徳島県


2017.初見の花も今日で最後となりました。
67種と多くの花を見ることが出来ました。
特に大半を、北海道を訪れた花旅で出会った花が占めています。
珍しい花にも多く出会いました。
特に気なしに撮った花が、絶滅危惧ⅠACR)のキヨシソウであったのには驚いた。
もっと注意して撮影していればと悔やんだ出来事だった。

今年もこれからが花の季節の始まりです。
多くの花に巡り合えることを期待しながら花の撮影に励みたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...