2017年4月14日金曜日

キケマン 2017野の花百景

四国な花旅 12
初見の花
この花に出会ってびっくりしたことは背丈の大きさだ。
70㎝は有るかと思うほどだった。
また茎の太さにも驚いた。直径2㎝はあるかと思った。
ミヤマキケマン、フウロケマンとの違いは大きさだけでも区別できる。
沿岸地域の林縁に生えるといわれている。
この花もそんな場所で、出会った。

撮影 2017.03.30 徳島県 高知県
妻の撮影   徳島県

妻の撮影   徳島県

徳島県

高知県

 高知県


0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...