2017年4月14日金曜日

キケマン 2017野の花百景

四国な花旅 12
初見の花
この花に出会ってびっくりしたことは背丈の大きさだ。
70㎝は有るかと思うほどだった。
また茎の太さにも驚いた。直径2㎝はあるかと思った。
ミヤマキケマン、フウロケマンとの違いは大きさだけでも区別できる。
沿岸地域の林縁に生えるといわれている。
この花もそんな場所で、出会った。

撮影 2017.03.30 徳島県 高知県
妻の撮影   徳島県

妻の撮影   徳島県

徳島県

高知県

 高知県


0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...