2016年8月30日火曜日

ホソバノキソチドリ 2016野の花百景

初見の花
亜高山の草地に生える多年草。
少々時期を過ぎていたが、いつかは会えるといつも気に留めていた花だ。
花は小さく、拡大して見てみると可愛らしい姿に感激してしまう。
湿地の咲くコバノトンボソウに似るが、
距が跳ね上がる方はコバノトンボソウ、
下がる方はホソバノキソチドリだ。
花付もコバノトンボソウに比べ、多い。

2016.08.04 長野県

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...