2016年8月10日水曜日

カワラマツバ 2016野の花百景

河原や草地に生える多年草。これが一般的な図鑑の説明だが、
1000メートルを超える草原でも見られる。
白い花をカワラマツバ、黄色い花をキバナカワラマツバという。 

2016.07.20 長野県

妻の撮影

 残り花のケブカツルカコソウ

0 件のコメント:

コメントを投稿

アシズリノジギク(Ashizurinojigiku)

 日本固有種 ノジギクは海に近い岩場にも咲きますが、 アシズリノジギクは、もっと険しい海の岸壁に咲いていました。 そのためか、ノジギクより小さめの花、葉も小さく、丸まった感じで縁も白い、 ノジギクの変種です。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影