2014年12月21日日曜日

ナガバノタチツボスミレ 2014野の花百景

四国の花旅28 
初見の花
この花を撮影した時は、アカフタチツボスミレと思っていた。
ブログに載せるため、図鑑を見て調べていると、
この個体は葉が長く思えた。
ナガバノタチツボスミレの項目を見てみると、
葉脈が紫色を帯びると記載されている。

初見の花、ナガバノタチツボスミレでよいように思える。

妻の撮影



0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...