2011年8月10日水曜日

ママコナ 2011 野の花百景

花期が6~8月に咲く半寄生の1年草、
高さ30~50cmで花は筒形。
紅紫色の花を茎の下の方から上へ茎を伸ばしながら咲く。
唇型の花びらの下唇の中央に白い米粒に似た隆起が二つある。
名前の由来はここからきているが、若い種子が米粒に似ているとか、
又違う図鑑には、継子に食べさせたい”まずい菜”など諸説がある。
他のママコナ属との大きな違いは、花のすぐ近くの葉に鋭い鋸葉が有ること。

これだけのことを書くのに図鑑を3冊読み、そのことを理解するのに1時間近くかかる。
短い文章だが、時間をかけて知識を吸収した満足感で今日は由としよう。
2011.07.10 岐阜県恵那市

2011.07.10 岐阜県恵那市

2011.07.10 岐阜県恵那市

2011.07.10 岐阜県恵那市

2011.07.10 岐阜県恵那市




0 件のコメント:

コメントを投稿

ヒゴスミレ(Higosumire)

 日本固有種 自生のヒゴスミレは年々減少気味です。 ここでは、咲き出したばかりの眩しいぐらいの ヒゴスミレが沢山咲いていました。