2011年10月3日月曜日

ナンバンギセル 2011 野の花百景

10年ほど前に新聞記事に載ってた場所です。
庭園が作られそこに山野草が植えられています。
ナンバンギセルは自生かどうかも定かではありません。
他の場所でこのナンバンギセル、ぜひ見てみたいナンバー1の候補です。
葉緑素を持たず、ススキやミョウガの根に根を食い込ませて養分を吸収するそうです。
花の名前は、長い柄の先に着く花の形がキセルに似ているところによります。
2011.09.25 愛知県緑化センター

2011.09.25 愛知県緑化センター

2011.09.25 愛知県緑化センター

2011.09.25 愛知県緑化センター

2011.09.25 愛知県緑化センター

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...