2018年8月5日日曜日

ソハヤキミズ 2018野の花百景

四国花観察会
初見の花
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
水の滴るような岩場に咲く一年草。
九州、四国、紀伊半島の限られた場所に咲くようですが、
現在では、四国の一部のみに咲く花のようです。
高さは20㎝程ありましたが、葉柄にくっつくように咲いています。
花の色も緑色、目立たない花です。
これが花なのか、蕾なのか、又は果実なのかもわかりません。
珍しい花に出会いました。




群生している様子です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...