2014年5月10日土曜日

野山の春 2014野の花百景 

シロバナタンポポ 日本固有種 中部地方では少なめのタンポポ。

モミジイチゴ 枝の先に下向きに付く。別名キイチゴ食用、味がよい。

キンポウゲ 別名ウマノアシガタ 黄金色に輝く花が特徴。

カキドオシ 野山に普通に生える。ピンクの花が愛らしい。

ヒメウズ 5㎜ほどの小さな花。

ヒメウズ 

ニリンソウ 仲間にイチリンソウ、サンリンソウがある。

ミヤマカタバミ 幹の根元を枕に咲く姿がたまらない。

ミツバツチグリ この仲間も見分けが難しい。

ミミナグサ 仲間にオランダミミナグサがある。

スルガテンナンショウ 
日本固有種 付属体の先がかぎ状になっているのが特徴
東海地方限定の花

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...