2022年1月16日日曜日

シロバナハンショウヅル(Shirobanahanshozuru)

 2021.05 徳島の花旅 10

日本固有種

ピークは過ぎていましたが、

多くの花に出会えました。

花びら(萼片)は薄く膨らんだ姿は、他のハンショウヅルとの相違点です。









0 件のコメント:

コメントを投稿

ヒナラン(Hinaran)

 絶滅危惧Ⅰ B 類( EN )  今年は 1 株のみの寂しい出会いでした。 2022.06.25