2018年6月13日水曜日

セイタカスミレ(仮称) 2018野の花百景

スミレ(マンジュリカ)の変種です。
もう10数年前からこの場所で顔を出すスミレのⅠ種です。
背の高さは20㎝を軽く超すものがほとんどです。
標高800メートルほどの林道沿いでこのスミレは咲き続けています。
葉の特徴は葉身が葉柄より短い。花の色は淡紫色。
それと、高さが20㎝以上あること。葉は垂直に広げる
あとはスミレ(マンジュリカ)と同じだと思う。

撮影 2018.05.19 岐阜県
道路の縁石の隙間から顔を出す。種が飛んできて出てきたもの。
雑種ではないようです。


花の色は、淡紫色

葉の方が花より高いものがほとんどです。





おまけのシソバタツナミ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ハルリンドウ(Harurindo)

 早く咲き出すこの自生地、午後 3 時過ぎになってしまった。 日が陰りだすとすぼんでしまう。 5~6本咲いていましたが、あっという間に閉じていく。 結局、 2 カットのみの撮影でした。 妻の撮影 妻の撮影