2013年7月13日土曜日

コモウセンゴケ 2013野の花百景

モウセンゴケの花が白いのに対して、コモウセンゴケの花は紅色をしている。
葉は、葉柄が長くその先の1㎝前後の葉を付けるモウセンゴケに対して、
へら型になった葉を円形状に地に這っているコモウセンゴケと違いははっきりしている。
花は1㎝に満たない。
東海地方から近畿地方にかけてトウカイコモウセンゴケと言う、
モウセンゴケとコモウセンゴケとの中間型の花が咲いている。
花は、紅色でコモウセンゴケと見分けが付きにくい。

妻の撮影     2013.06.12 岐阜県

2013.06.12 岐阜県

2013.06.12 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...