2013年5月10日金曜日

クチナシグサ 2013野の花百景


シソ科の半寄生の2年草。
地を這って伸びる茎は長さ15センチほどになる。
花径は1㎝ほどで目立たない。
この花に初めて出会った場所はキンラン、ジュウニヒトエ、カタクリ、
等、春の花が次々と咲く。
その中をヤマルリソウ、チゴユリなどと共に咲き誇っている。

そんなことで妻と毎年訪れる素敵な場所だ。

妻の撮影   2013.04.29 岐阜県

2013.04.29 岐阜県

2013.04.29 岐阜県

2013.04.29 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...