2016年12月7日水曜日

ミカワマツムシソウ 2016野の花百景

日本固有種
マツムシソウの変種とされているミカワマツムシソウは、
頭花は小さく、舌状花が無いか、数が少ない。
この花も、蛇紋岩地特有の貧栄養地に育つ花の一つです。
訪れた時期は遅く、草刈された株から新しく芽を出し、花を付けている。
生命力の強さを感じる姿でした。

2016.11.13 愛知県




0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...