2014年1月6日月曜日

2013 初見の花26 カイタカラコウ

日本固有種
亜高山帯に生える多年草。
高さ50㎝ほどと小さかった。
花付きも少なく、オタカラコウとは違うとすぐわかったが、
図鑑を見るまで名前はわからなかった。
初見の花、カイタカラコウとわかったとき、すでに遅し。
撮った写真はこれ一つ。
残念でなりません。
もう一度今年も挑戦です。

2013.08.04 八ヶ岳

0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...