2012年5月21日月曜日

マルバネコノメソウ 野の花百景


ツルネコノメソウかなと思い、撮影しておいたが、
家に帰り調べてみると、どうもマルバネコノメソウのようだ。
特徴は、葉は対生する。茎には毛がある。萼裂片は4個、平開する。
雄しべは8個。
旬の時期は少し過ぎていましたが初見の花です。
谷沿いの湿ったところに咲いていました。

2012.05.10 長野県木曽町

2012.05.10 長野県木曽町

2012.05.10 長野県木曽町

2012.05.10 長野県木曽町


0 件のコメント:

コメントを投稿

セツブンソウ(Setsubunso)

  日本固有種 準絶滅危惧(NT) 寒波が押し寄せた翌日。 ひょっとして雪が降ったかも? そんな思いで訪れました。 皆さん思いは同じで、たくさんの車が止まっていました。 薄く雪も積もっていました。 咲きお始めで、開いた花は少なかったですが、 久しぶ...