2012年5月15日火曜日

タチキランソウ 野の花百景


関東地方から愛知県にかけて咲くキランソウの仲間です。
奥三河を探索していて、キランソウに似た花に出会ったら
タチキランソウと思って間違いないほどよく見かけます。
キランソウとの違いは、花の上唇がウサギの耳のようにはっきりと
2つに分かれています。
キランソウはその幅が狭く、1つに見えます。
またよく似た花に、ニシキゴロモがあります。
これとの違いも見分けなければタチキランソウにたどり着けません。
最近やっと何とか見分けがつくようになり、満足しています。

2012.04.28 愛知県設楽町

2012.04.28 愛知県設楽町

2012.04.28 愛知県設楽町

2012.04.28 愛知県設楽町

2012.04.28 愛知県設楽町



0 件のコメント:

コメントを投稿

オオバミゾホオズキ(Obamizohozuki)

 亜高山帯の湿り気の多い所、水路の縁で見かけます。 今年も多くの花を咲かせていました、 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 2022.06.05