2011年7月29日金曜日

イタチササゲ 2011 野の花百景

名前の由来は、花の色が始め黄色だが後に黄色に変わるところから、
イタチの毛の色にたとえたもの。
それと豆果がササゲのように長くなるから。
山野の日当たりのよいところに生える多年草。

2011.07.24 長野県木曽町

2011.07.24 長野県木曽町

2011.07.24 長野県木曽町

2011.07.24 長野県木曽町

2011.07.24 長野県木曽町

0 件のコメント:

コメントを投稿

コウヤボウキ(Koyaboki)

 日本固有種 日当たりのよい山地に生える小低木。 中部地方ではもう終わっているコウヤボウキ、 さすが、四国ではまだまだ健在で、 いい花を付けていました。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影