2018年9月21日金曜日

イトイヌノヒゲ 2018野の花百景

愛知県には、日本固有種のシラタマホシクサが湿地を賑わせます。
このイトイヌノヒゲも湿地に咲く同じホシクサ属の仲間です。
5㎜ほどの頭花も大きく写すとその姿が浮かび上がってきます。
花びらのように見える総苞片は、透けるような白色です。
シラタマホシクサとは違った美しさを感じました。

2018.09.08 岐阜県



0 件のコメント:

コメントを投稿

セツブンソウ(Setsubunso)

  日本固有種 準絶滅危惧(NT) 寒波が押し寄せた翌日。 ひょっとして雪が降ったかも? そんな思いで訪れました。 皆さん思いは同じで、たくさんの車が止まっていました。 薄く雪も積もっていました。 咲きお始めで、開いた花は少なかったですが、 久しぶ...