2017年3月2日木曜日

オオイヌノフグリ 2017野の花百景

帰化植物だが、早春の野原はどこもこの花でいっぱいだ。
噂によると、在来種のイヌノフグリは、この花に駆逐されたといわれている。
イヌノフグリは4ミリ程度と小さく、
花はピンク色をしている。
最近は、ほとんど見ていない。
絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。
こんな話を聞くと憎いオオイヌノフグリだが、
瑠璃色の花びらは気持ちを和ましてくれる可愛らしい花なのだ。

2017.02.27 名古屋市


0 件のコメント:

コメントを投稿

マツラン・カヤラン(Matsuran・Kayaran)

 花友さんにご案内いただきました。 梅の古木にマツランとカヤランが咲いていました。 どちらも着生ランです。 梅の幹に根を張り、ぶら下がるように花を咲かせますが、 成長が進むと、花の重みと強い風などで、木から剥がれ落ちてしまいます。 この花たちはなぜそんな道を選...