2016年2月8日月曜日

シュンジュギク(アサマギク) 2015初見の花58

日本固有種
三重県朝熊山に咲くシュンジュギクは、アサマギクと呼ばれている。
ミヤマヨメナが矮小化したものと云う説がある。
朝熊山のものは、特に小さく、10㎝前後だった。
春から初夏にかけて咲く花だが、残り花に出会えた。

2015.10.04 三重県

写真を整理していたら出てきた。
名前がわからずにそのままになっていた。
2013.10.30 三重県 

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...