2016年2月8日月曜日

シュンジュギク(アサマギク) 2015初見の花58

日本固有種
三重県朝熊山に咲くシュンジュギクは、アサマギクと呼ばれている。
ミヤマヨメナが矮小化したものと云う説がある。
朝熊山のものは、特に小さく、10㎝前後だった。
春から初夏にかけて咲く花だが、残り花に出会えた。

2015.10.04 三重県

写真を整理していたら出てきた。
名前がわからずにそのままになっていた。
2013.10.30 三重県 

0 件のコメント:

コメントを投稿

トウノウネコノメ(Tononekonome)

 日本固有種 いつもの年より 1 週間早く咲き出していました。 ネコノメソウ属も変化が多く、地域ごとに特徴ある花を咲かせています。 このトウノウネコノメも岐阜県東濃地方と、愛知県が分布域になっていますが、 少しずつ変化をしてよく似た花が全国的にあるそうです。 妻の...