2016年2月4日木曜日

オオヒキヨモギ 2015初見の花54

絶滅危惧Ⅱ類(VU)
川沿いの落石防止ネットの中で咲くオオヒキヨモギを
初めて見て感じたことは、
人の手が加わらない場所でしか生きられない貴重な花だと思った。
それから1か月後、今度はいつもの里山の遊歩道で見かけた。
何度も通っていた馴染みの場所だが、
最近は草刈りが行われていないことが多い。
手入れの行き届いているときに咲く花の代わりに、
このオオヒキヨモギ、オケラなど、この場所では、
初めて見る花が目に付いた。
長野県では、名の知れた草原が、手入れがされなくなった途端、
絶滅危惧種のバアソブとコウリンカが、草原一面に咲く光景を
目の当たりにした。
この状態をどう考えればいいのか教えてほしい。

2015.10.01 岐阜県

2015.10.01 岐阜県

2015.08.30 岐阜県

0 件のコメント:

コメントを投稿

キノクニシオギク(Kinokunishiogiku)

 日本固有種 別名 キイシオギク 海辺の岩壁に咲く花に郷愁を感じる。 砂浜に咲く花はやはり、砂に埋もれた岩の上に咲いているが、 踏みつけにより数を減らしている。 また、他の植物の侵入により、負けてしまっている。 今は、他の植物が入り込まない岸壁が、居心地が...