2013年6月12日水曜日

イナモリソウ2  2013野の花百景

今回は、妻との訪問です。
野草の観察が好きな妻は、リュウマチを患ってから、
山道を登ったり下ったりするのが辛いようで、
できる限り、平坦なところに咲いている花を探して連れてゆくことにしている。
イナモリソウは、妻にとっても初見の花で喜んでくれた。
旬は少し過ぎていたが、
花弁のふちが波打っているところが可愛らしくてたまらない様子でした。

今回の訪問で気づいた事があります。
雌しべがはっきりしていて雄しべが目立たないタイプと、
雄しべだけのタイプがありました。

妻の撮影     2013.06.05 静岡県

雌しべがはっきりしているタイプ
妻の撮影      2013.06.05 静岡県

妻の撮影      2013.06.05 静岡県

2013.06.05 静岡県

雄しべだけのタイプ
2013.06.05 静岡県

0 件のコメント:

コメントを投稿

オオバノトンボソウ(Obanotonboso)

  山地の林内に咲く。 暑さに弱いのか、風通しの悪い所では、 ここ数年、花茎や花が腐る現象が起きている。 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影 妻の撮影