2020年9月15日火曜日

ナンバンギセル(Nanbangiseru)

 ススキやミョウガに寄生して咲く寄生植物です。

一つの宿主(ススキやミョウガ)に多くのナンバンギセルが寄生すると、

宿主が絶えてしまうことが有ります。

この場所も年々少なくなっています。


妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影

妻の撮影







「ブログ 日本の固有植物」もよろしくお願い致します。

上記をクリックすると「ブログ 日本の固有植物」へ飛びます。










0 件のコメント:

コメントを投稿

ハヤザキノシコクママコナ(Hayazakinoshikokumamakona)

  日本固有種 シコクママコナは初秋のころから咲き始める花だと思います。 ここ岐阜県の美濃地方の一角では 5 月の中頃から咲き始めます。 もう20年も前から確認しています。 今年も、5月10日に1番花を確認できました。 珍しい花だと思います。 もちろん、同...